長良川鵜飼い

今年も鵜飼い観覧に行きました。毎年10月15日が最終日。ギリギリ間に合いました。
5月11日の鵜飼い開きから、中秋の名月と増水時以外は毎日行われるそうです。雨、強風でも行われるらしい。今年は増水の日が少なかったそうです。

鵜匠さんによる説明を聞きました。1300年前から長良川鵜飼が続いている歴史的背景や松尾芭蕉の句、装束(服装)の説明などを聞いてる間に空も暗くなり気分も盛り上がってきました。
f0146140_9411281.jpg

出航~今年はちょっとお上品なお弁当をパパさんが手配。15分ほどで観覧ポイントに到着します。鵜飼が始まるまで食事をしたり踊り舟を見たり~。今年は川岸に下りて遊べました。7時30分の鵜飼開始を待ちます。
4発の花火を合図に鵜飼がはじまりました。
f0146140_942182.jpg

「狩り下り」では2隻めの鵜舟に併走して観覧しましした。近いので鵜匠さんの「ほうほう」という掛け声もしっかり聞こえました。6隻めが終わるまでしばらく停泊。その後「総がらみ」が始まります。6隻の鵜舟が横一列になり鮎を追い込みます。
鵜匠さんは6名。世襲制で「宮内庁式部職鵜匠」が職名です。長良川の上流にある「御料場」では毎年8回の御料鵜飼が行われ皇居へ奉納されるらしい。
総がらみを待つ間、船頭さんと話をしていたら、来週は皇太子殿下が御料場で鵜飼を観覧されるとのお話でした。
f0146140_94362.jpg

幻想的な鵜飼の風景を楽しんできました。
[PR]
by buzz0036 | 2012-10-06 20:58
<< 運動会~幼稚園~ フリー参観 >>